$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様

現在のランク: $MEMBER_STAGE_NAME$ / ご利用可能ポイント:$POINT$ポイント

トップ > 商品について

商品について

洗濯表示について

アイコン表示にて、適切な洗濯方法をご確認ください。

2016年12月より洗濯表示が変更となりました。

洗濯処理について
液温は40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。 液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる。 液温は30℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。 液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる。
液温は40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる。 洗濯処理はできない。
漂白処理について
塩素系及び酸素系漂白剤による漂白処理ができる。 酸素系漂白剤による漂白処理ができるが、塩素系漂白剤による漂白処理はできない。
漂白処理はできない。
タンブル乾燥処理について
高温乾燥(排気温度の上限は最高80℃)で洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。 低温乾燥(排気温度の上限は最高60℃)で洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。
洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできない。
自然乾燥処理について
つり干し乾燥がよい。 日陰でのつり干し乾燥がよい。
ぬれつり干し乾燥がよい。 日陰でのぬれつり干し乾燥がよい。
平干し乾燥がよい。 日陰での平干し乾燥がよい。
ぬれ平干し乾燥がよい。 日陰でのぬれ平干し乾燥がよい。
アイロン仕上げ処理について
底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。 底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。
底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。 アイロン仕上げ処理はできない。
ドライクリーニング処理について
通常の処理でパークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができる。 弱い処理でパークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができる。
通常の処理で石油系溶剤(蒸留温度150℃〜210℃、引火点38℃〜)でのドライクリーニング処理ができる。 弱い処理で石油系溶剤(蒸留温度150℃〜210℃、引火点38℃〜)でのドライクリーニング処理ができる。
ドライクリーニング処理はできない。
ウェットクリーニング処理について
通常の処理でウエットクリーニング処理ができる。 弱い処理でウエットクリーニング処理ができる。
非常に弱い処理でウエットクリーニング処理ができる。 ウエットクリーニング処理はできない。

2016年11月以前の表示はこちら。

洗濯方法について
液温は、95℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。 >液温は、60℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。
液温は、40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。 液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい。
液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい。中性洗剤を使用すること。 液温は、30℃を限度とし、水洗いは洗濯ネットを使用すること。
液温は、30℃を限度とし、弱い手洗いがよい。(洗濯機は使用できない。) 液温は、30℃を限度とし、弱い手洗いがよい。(洗濯機は使用できない。)中性洗剤を使用すること。
水洗いはできない。 ドライクリーニングができる。溶剤はパークロルエチレンまたは石油系のものを使用すること。
ドライクリーニングができる。溶剤は石油系のものを使用すること。 ドライクリーニングはできない。
アイロンの使用について
アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃〜210℃)で掛けるのがよい。 アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃〜160℃)で掛けるのがよい。
アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80℃〜120℃)で掛けるのがよい。 アイロン掛けは出来ない。
アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃〜160℃)で掛けるのがよい。アイロン掛けの際は当て布をすること。 アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80℃〜120℃)で掛けるのがよい。アイロン掛けの際は当て布をすること。
干し方について
つり干しがよい。 日陰のつり干しがよい。
平干しがよい。 日陰の平干しがよい。
絞り方について
手絞りの場合は弱く、洗濯機で脱水する場合は短時間で絞るのがよい。 絞ってはいけない。
塩素漂白の取扱いについて
塩素系漂白剤による漂白ができる。 塩素系漂白剤による漂白はできない。